読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家道を極める? Going my way!

株式のことや自分なりの(自己流の)投資スタンスなど書いていこうと思います。かなりいい加減かも・・・。まだまだ勉強不足です・・・。

リタイアしてからの投資

リタイア後はリスクのない資産を中心にするというのが一般的な考えだと思います。

それに反して、私は大半の資産を株式で保有しています。(決して薦められることではありません。)単純に計算すると配当金での生活よりも保有株式を全部売却して譲渡益の税金を払っても、そのお金を使って生活する方が安全で金銭的に豊かな生活ができる気がします。65歳からの年金額などを加味すると100歳ぐらいまで生きて今の倍ぐらいのお金を使っても経済的に生活が成り立つような気がします。

すごくたまにそんなことが頭をよぎります。

なぜ株式投資をするのか?配当金の一部を原資にしてまで株式投資を続けるのか?難しいですね。若い時は自分なりの社会貢献だと思っていました。今もその気持ちはあります。でも、もしかしたら高級な趣味なのかもしれません。いろいろな企業についてもっと知りたいという気持ちと、株主として企業の活動に参加するという気持ちと、ほんのちょっとのギャンブルへの誘惑という感じでしょうか・・・・。さらに、株主優待や株価変動、新聞の企業の業績記事など退屈せず楽しい日々が送れるのも株式投資の魅力かもしれません。

あとは、株式ではなく、現金(銀行預金など)で持っていてもリスクはあると思います。それはインフレと利子率の差などによるリスクです。銀行の利子よりも物価上昇率が高いと結局は預金は目減りしていく感じです。株式もかなり変動しますが、超長期的にみると経済活動に連動しているのではないかと思います。(それ以上に上がっている気がしますが・・・。