読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家道を極める? Going my way!

株式のことや自分なりの(自己流の)投資スタンスなど書いていこうと思います。かなりいい加減かも・・・。まだまだ勉強不足です・・・。

老後???

リタイアした後、老後や死について時々考えるようになりました。別に早く仕事を辞めたからといって、寿命が短くなるわけではなく、かえって健康的な生活を送れるようになったので長生きできそうな気もするのですが・・・。

なんとなくリタイアすると老後みたいな感じを受けますよね・・・。

それと先月義母がなくなりました。長い間癌を患っていたのですが。最後の数か月は病院で過ごしていましたが、もしもう少し快方に向かえば自宅でということで介護用ベッドなども用意していたようです。我が家からは遠方でしたが、夫の兄が同居していて、姉も近くに住んでいたのでいろいろまかせっきりでした。夫は今年に入ってからは頻繁に新幹線で行き来していました。

我が家は夫と二人暮らしで、子供はいません。そういうこともあって、将来いずれどちらか一人になる可能性は高いです。そんな時にどうするかなあとか漠然と考えることがありました。家が居心地がいいので、病気などになってもなるべく永く住みたいと思っています。でも一人になると介護付きの老人ホームなどに移る人も多いですよね。

そんな時ふと気になって本を調べてみました。近くの図書館に「上野千鶴子が聞く小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?」という本があったので、借りて読んでみました。

意外と一人でも大丈夫なのかも、と正直言ってかなり安心しました。ネットで家の近くの介護・看護サービスなども検索すると24時間サービスをしているところが結構たくさんあるんだなと少し驚きました。普通の生活レベルであれば介護保険医療保険などでカバーされる部分も多く大丈夫かもと安心しました。ちなみに普通の保険だと医療保険の特約付きがん保険にも加入しています。ただ、体力がなくなった時に老々介護みたいな感じのいろいろな苦労を避けようとすると家政婦さんに支援をお願いするというのもありかもという気がしました。この場合は結構お金がかかりますね。でも定期的に少しだけという程度の頻度であれば本当はそういうことも考えた方がいいのかもしれません。結構お金はかかるようですが、頻度と時間のバランスですね。それと、そういうことも視野に入れるとやっぱりそれなりに貯金をしておかないといけなそうです。今現在、ある程度余裕があっても、いざというときのために無駄遣いせずに堅実に生活しながら将来に備えておくのが重要なんだと思います。

それと運動ももう少しして健康的な生活を送ることも重要なのかもしれません。