読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家道を極める? Going my way!

株式のことや自分なりの(自己流の)投資スタンスなど書いていこうと思います。かなりいい加減かも・・・。まだまだ勉強不足です・・・。

なかなか売却する株を決めきれません・・・・。

株式投資

先日ちらほらと書いていますが、今年の11月から個人年金をもらえる予定です。終身になります。受給開始前に積み増しが可能なので、積み増しをするかどうかかなり迷いました。

普通に考えると株式配当金と公的年金で生活はできるはずなんですが、株式はリスクがあります。

自分がある程度判断能力があるうちはいいのですが、仮に80歳とか90歳まで生きた場合に認知症とか判断能力がなくなっていた場合は定期的に確実に振り込まれる年金なのかなあと思ったりしました。もちろん、同等の額を銀行に預けておくというのもありかもしれないですが、利息はほとんどつかないし・・・。そう考えると円建ての普通の個人の終身年金は確実で、リスクも低いかなあと思いました。(保険会社倒産のリスクは多少はありますが、大手ですし、保険の場合はある程度は保護される対象になっているのではないかと思います。)実際には積立金額の3%の利回りで終身受給できる感じですが、保険なので、元本は戻らないし早めに亡くなった場合はかなり損をします。でも逆に子供がいるわけではないので、残す必要もないのでちょうどいいのかもしれないと思ったりします。

で、結論として65歳以降は公的年金個人年金だけで生活できるように少し積み増しをすることにしました。(実際には株式配当金も多分今まで同様に入ってくる可能性は高いので十分過ぎるかもしれませんが。)そのためには若干資金が足りないので、少しだけ株を売却する予定です。株の配当利回りは3%を超えるものがあるので、売却予定株は利回りが3%を下回り、かつ利益が既に十分でている株で、さらに一部売却しても株主優待に影響のない株を売却しようと思っています。

この条件に当てはまる株はそれなりにあるのですが、なかなか決めきれません。どの株もそれなりに愛着があり、一部売却なので株主でなくなるわけではないのですが、選ぶのが難しいです。比較的金額の高いものを一部売る予定ではあるのですが、タイミングも難しいですね。もしかしたら端株をそれなりに売却するというのもあるかもしれませんが、分割して株数がかなり増えているものを少し売却する方がリスク分散の観点ではいいような気がします。

候補に考えている銘柄は3つぐらいですが、そのうち2つぐらいを実際に一部売却すると思います。どの株も一部売却するだけで投資額は完全に回収できそうなレベルまで株価が上がっていますが、なかなか決断できません・・・。今まであまりにも長期投資に焦点を当てすぎてきたからかもしれません・・・。

ちなみに今回の売却額は現在の日本株と外国株の投資評価金額の合計額と比べると1%ぐらいのレベルです・・・。この程度の決断もできないとだめですね・・・。

これまで売却するタイミングはTOBとか外的要因ばかりだったので、これからはもっと自分で決断してポートフォリオを修正していくことも考えないとだめですね。

長期投資の方針は変わらないですが、今回の件で少し反省です。