読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家道を極める? Going my way!

株式のことや自分なりの(自己流の)投資スタンスなど書いていこうと思います。かなりいい加減かも・・・。まだまだ勉強不足です・・・。

過去の実現損益

アコーディアゴルフのTOB申し込み処理をすっかり忘れていました。でも、最近だいぶTOB価格に近付いてきているので市場で売却してもそれほど金額は変わらないですが・・・。まだ間に合いそうなのでとりあえず申し込もうかなあと思って処理を進めようとしています。

そんなわけで久しぶりにメインで使用している証券会社のWEBサイトでいろいろメニューを見ていました。ふと目についたのが実現損益という項目です。

試しに期間を「すべて」に設定して表示してみました。基本的にずっと保有していて売却はほとんどしていないので数は少ないです。1999年に日本株投資を始めてからのすべてが表示されましたが、合計26件ほどです・・・。かなり昔のものも表示されているので本当の一覧だとは思います。

一番上に合計額が載っていました。

利益金額合計が3,088,199円でした。損失金額合計はー625円です。(ちなみにこの損失銘柄は2005年のニッポン放送です。)

差し引きで実現損益合計は3,087,574円です。(現在の含み益はかなりの金額になるのでそれなりのパフォーマンスで運用できているかもしれません。)売却していない割には結構な金額だなあと思いちょっと記憶をたどってみました。ここに記載されているのはあくまでも実現損益で上場廃止で本当に紙切れになってしまったものは含まれていません・・・。

痛い思いをした銘柄がいくつか蘇りました・・・。一番の損失はJALです・・・。確か40万円ぐらいの損失だったと思います。再上場しても買う気になりません。次に思い出したのはタスコシステムです。優待がかなり良かったので保有していましたが、失敗だったと思います。でも、タスコシステムは優待でぎりぎり元は取れていたかもしれません。あともう1銘柄思い出したのはライブドアです。ライブドアはかなり初期に購入していたので、かなり株価が安い頃でした。数万円ぐらいで購入していて、最後の頃は配当がかなりよかったので、配当で元を取ったかもしれません。

そう考えると損失銘柄でいつもJALが真っ先に思い浮かぶのは当然なのかもしれません・・・。損失銘柄を質問されたときに決まってJALと答えてしまいます。今保有している銘柄の中で多額の含み損を抱えているものもありますが、株価は上がったり下がったりするのであまり気にしていません。一時期タカラトミーなども含み損が非常に大きかったのですが、今はすっかり含み益上位になっています。

そんなわけで私の場合は上場廃止さえしなければ株価が下がることは許容範囲と考えています。

こんなことを考えていたらもう1つ思い出しました。実現損益に含まれていない銘柄でTOB申し込みのために他社に移管して売却した銘柄があります。スターバックスです。これは単独で税引き後の売却益だけでも150万ぐらいあったので、厳密にいうと450万ぐらいは既に利益を確定しているということかもしれないです。でも、結局そういう資金は別銘柄に再投資しているのであまり利益を得ているという実感はないですが・・・。