読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家道を極める? Going my way!

株式のことや自分なりの(自己流の)投資スタンスなど書いていこうと思います。かなりいい加減かも・・・。まだまだ勉強不足です・・・。

毎日の通院と医療費

あいかわらず毎日通院しています。

放射線治療で合計30回なのでまだあと2週間ほど続きます。実際には治療そのもの以外に事前の診察や準備などがあったので、通院日数自体はもう少し多いです。

年末年始や祝日など病院が休みのときもあったので、約2か月間ぐらいです。12月と1月でそれぞれ20日近いですが、高額療養費の限度額がかなり高額なので、適用対象にはなりません。そうはいっても医療費は結構な金額です。

放射線治療の治療費は人によって異なるようです。多分放射線の強さやあてる箇所の数などいろいろな要素があるからだと思います。でも、なんとなく5000円ぐらいかなと思っていたのですが、実際には毎回5700円ほどかかっています。これが30回分続きます。さらに週に1回診察もあり、診察のある日は6500円前後です。あと、事前の準備の時はもう少し多くかかっています。最後の5回は照射が少し異なるみたいなので金額も少し変わるかもしれません。

この他に交通費がかかりますが、都内の病院に通っているので経路によっても料金が異なるのですが、一番楽な方法だと往復760円、ちょっと多めに歩くと往復420円とかなり差があります。日によってその日の天気や気分でいろいろです。帰りは少し多めに歩いて電車に乗ったりするときもあります。

そんな感じなので、治療だけの日はだいたい1日交通費とあわせて6500円ぐらいです。30日分だとそれなりです。

医療保険に入っていて放射線治療は通院治療の対象になっていますが、通院1日あたり5000円が支払い対象になっています。どこまでの通院が対象になっているのか実はよくわかっていません・・・。30回の治療そのものは入っているのは確実ですが、事前の準備の通院とかどこまで含まれるのかは請求してみないとわからない感じです。この他に多分放射線治療は手術給付金の対象にもなりそうなので、手術給付金も加算されるのではないかと思っています。手術給付金がいくら給付されるのかもとっても謎です。最低額の5万円は給付されるのではないかと思いますが。医療費と通院給付金の差額は交通費を含めると1日あたりマイナス1500円ほどで、30日分だった場合は手術給付金5万円が支払われると治療そのものの30回分は差し引きゼロに近い感じです。(この場合は20万円給付になるので。)でも実際には事前の通院や診察などを含めるとこれ以外に数万円ぐらい払っている感じですが。ちなみに治療にかかる最終的な合計支払額は多分交通費込みで20数万円ぐらいかなあと思っています。

手術給付金の単位はかなり大きい差があるので、もう少したくさん給付される可能性もあります。その場合は逆に給付額の方が実際の費用よりも高くなります。

昨年の入院&手術の時も医療保険の給付金については謎でしたが、44万円支払われたのでかかった費用(差額ベッド込みで20万近く)よりも20万円ぐらい多く支払われました。昨年はこのほかに診断給付金100万円も受け取っています。

通院治療の医療保険は、通院治療が全部終わってから診断書を申請して(診断書も1万円ちょっとかかります)その後になるので2月か3月ぐらいになりそうです。そのときまで、実際にいくら給付されるのか謎のままです。

ちなみに入院が5日以上だったらもっとたくさん支払われるはずでしたが、昨年4日間での退院だったので、通常の通院給付金は支給されない感じです。

うーん・・・と思いましたが早く回復して退院できたのでよかったと考えることにしています。

ちなみに今の治療が終わった後も数年間通院は続きますが(もしかしたらもっとかも)、頻度は3か月に1回ぐらいになると思います。でも通院している間は健康には注意することになると思うのでそれはそれでいいのかなあと思います。この通院は加入している医療保険の対象にはならないですが、多分3か月に1回で数千円ぐらいだと思うのであまり気にならない感じだと思っています。検査とかたくさんしたらもっとかかるかもしれないですが、今後の通院でどの程度検査をするのかもとっても謎です。血液検査は毎回するっぽいですが、通常の保険診療で3割負担なのでそれほど多くはかかっていません。(今の放射線治療ももちろん保険診療で3割負担ですが、毎回結構な額ですね。検査もいろいろしたら結構かかるのかもしれません。)