読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家道を極める? Going my way!

株式のことや自分なりの(自己流の)投資スタンスなど書いていこうと思います。かなりいい加減かも・・・。まだまだ勉強不足です・・・。

確定拠出年金

在職時の会社は途中で退職金制度が変更になり401Kになりました。そのため、変更前の退職金を一時金として受け取り、変更後の401Kでの積み立て額は退職時に移管手続きをしています。積み立てはせずに運用の指示だけのタイプです。

在職中も株式投資をしていたので、退職金や年金などは逆にリスクを取らない方針だったので、定期預金タイプでした。

以前も少し書いたかもしれませんが、移管手続きをするときにどこへ移すかを考えた時に、まず第一条件は元本保証の商品があることを第一に考えました。証券会社などは結構手数料が安かったのですが、既にあちこちの証券会社を使って株式投資をしている関係で、なんとなく証券会社に依存しすぎたくないような気がして、対象から外しました。銀行も同じような理由で対象から外しました。結局損保関連の会社からいくつか資料を取り寄せたのですが、元本保証の商品があることと、なんとなく手続きが簡単そうで、なじみのある会社ということで結局東京海上にしました。(自動車の任意保険は長年東京海上です。)他の会社もかなりよさそうだったんですが、本当になんとなく決めた感じです。

確定拠出年金は元本保証だけを考えたのでほとんど増えない一方で、手数料がかかるので、実際には移管した金額より受け取り時の金額が減ることを承知で考えています。

でも、実際には、確かに運用利益はほとんどないですが、損保会社ということもあり、万が一事故で死亡した時には少し割り増しした金額が払い戻されるようです。これは運用商品を選ぶときに気が付きました。私の場合夫と2人暮らしで子供もいないので死亡時にお金がもらえてもあまり意味はないので、生命保険などは特別にはかけていないですが、多分確定拠出年金個人年金などで残った人があまり困らない程度にはできそうです。

さらに先日東京海上から詳細なガイドが届いて初めて知ったのですが、東京海上の401Kの加入者はメディカルアシストという病気や医療関連の電話サービスが無料で受けられるようです。緊急の窓口は24時間みたいで、損保らしいサービスだなと思いました。確定拠出年金の移管先を考えた時はこうしたサービスについては全く知らなかったので、なんとなく得した気分です。